So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイヒール [アイマス]

 ほんの少しの背伸び。
 本当は追いつく事なんてできないって分かっていても、それでもやってみたかった。
 少ないお小遣いを貯めて買った慣れないハイヒールを履いて、自分にできる精一杯のオシャレをしてみた。
 ボクが持っている服に、ハイヒールに合わせられるモノなんて無かったから事務所の皆に借りたり、衣装部屋のアクセサリーを探してみたりした。
 チグハグなコーディネイトになったボクの事を美希がコーディネイトし直してくれながら、どうにか人前に出られる様な格好にはなったと思う。
「う~ん! 真君! カワイイの!」
 美希の太鼓判を貰って、ボクは鏡を見る。
 確かにそこにはボクの顔をした『オンナノコ』が恥ずかしそうに立っていて、まるでボクがボクじゃ無いみたいだった。
「でも、悔しいの……。こんなにカワイイ真君の隣を歩けるのがミキじゃないなんて……」
「ゴメンね、美希」
「ううん。でも、真君のプロデューサーさんが羨ましいの」
「羨ましいって、言っても仕事だけどね」
 そう、オンナノコの格好をして背伸びしてハイヒールを履いたとしても、これは仕事でしかない。
 だからボクがウキウキしながら美希にコーディネイトしてもらっても、プロデューサーにとってはただの一日でしかない。
 そう考えると、ほんの少しだけ気分が沈んだ。
「まっこと君! 大丈夫なの!」
 そんなボクの事を見透かした様に、美希がボクの背中を叩く。
「プロデューサーさんが仕事だと思ってるんだったら、真君が仕事じゃ無い様にしちゃえばいいの!」
「えっ! 美希……それってどういう!?」
 慌てふためくボクの事を楽しそうに眺める美希は、明らかにこの展開を楽しんでいる様にしか見えない。
 ボクが美希の発する言葉に反応する度に、彼女は『真君カワイイの!』って言いながらキャッキャと騒いでいる。
「み……美希! ボク、そろそろ時間だから行くね!」
 このまま一緒に居ると、ボクはずっと美希のオモチャにされてしまいそうだったから、約束の時間には少し早いけれど事務所を出て行く。
「真く~ん! 今度、美希とデートしてね~!」
 遠ざかっていく美希の声を聞こえないフリして、ボクはビルの廊下を走って待ち合わせの場所へと向かっていく。
「……の……イイ……ら~!」
 最後の方は何を言っているのか聞き取れなかったけど、きっと、とんでも無い事を言っていたに違いない。

「で、結局、そうなった訳か……」
 そう言いながら、タクシーから降りたプロデューサーは頭を抱えてボクの足元を見つめる。
「……すみません」
 ため息を一つ吐いたプロデューサーは、途中で買い物をしてきたのであろうと思われるビニール袋から湿布と包帯を取り出してボクの靴下を脱がし始めると、少し腫れた足首にそれを巻きつけていく。
 ボクは、折れてしまった片方のハイヒールを後ろ髪を引かれる思いで見る。
 お小遣いを貯めて買ったからと云うよりも、プロデューサーに少しでも近づいて歩けると思って買ったのに……と云う思いが頭の中でどんどん大きくなっていく。
 そんな時だった。
 ボクの体がスッと宙に浮いて、プロデューサーの顔がすぐ目の前にあった。
「ぷ、ぷ、ぷ、プロデューサー! 何やってるんですか!」
「何って、真をタクシーに乗せないと仕事に行けないだろ?」
「でも! だからって!」
 だからってお姫様抱っことか!
「真、大人しくしろ!」
 恥ずかしさのあまり腕の中で暴れまわるボクを止める様に、プロデューサーはその手に力を入れてタクシーの後部座席にボクを座らせる。
「運転手さん、出て下さい」
 プロデューサーはそれだけを運転手さんに伝えると、ボクの持っていたハイヒールを取り上げた。
「真、オシャレをする事に関しては構わないけれど、仕事なんだからせめて足元は履き慣れた靴で来て欲しかったかな」
「でも、プロデューサーが女の子らしい格好で来いって言うから……」
 拗ねた口調で反論する。
 プロデューサーにとっては仕事かも知れないけれど、ボクに『女の子らしい格好で』なんて言う位だから少し期待してしまった訳で……。
 だから美希にコーディネイトを手伝ってもらった訳で……。
 そんなボクの先走った考えが、プロデューサーを隣にする事でどんどん恥ずかしくなってくる。
 そうだ! プロデューサーにとっては仕事! プロデューサーにとっては仕事……。
 そう考えると、今度はボクのテンションが下がってしまう訳で……。
「真、取り敢えずこの仕事が終ったらそのハイヒールを修理に出そう。そして、今度はちゃんと履いてくれ」
「え? プロデューサー? それって……」
 それだけ言って、プロデューサーは黙りこんでしまった。
「……はい!」
 運転手にも聞かれてしまって、恥ずかしかったんだったら言わなければ良かったのに……なんて思ったりもしたけれど、でも、このハイヒールを履いてプロデューサーと歩ける日がまたやって来る。
 その日がいつかやってくるだけで、ボクの沈んだ気持ちに晴れ間が射した気がした。

blueA_large.png
ベタ展開ですが参加しました。
使用テーマはハイヒールです。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

ガルシアP

ベタ展開、楽しませていただきました。
真にハイヒールというのは、とても魅力的だと思います。
ステージ衣装だと、ライブフォービーナスとか、カッコイイですよね。

真の恋路を応援する美希、という構図も新鮮でした。
美希は美希で想い人がいて、「お互いガンバろうね」なんでしょうかね。
2人であれこれと相談しながら、色々掴んでほしいもんです。

……の使い方とか、テキストの入力規則がとても自分好みで、
とても読みやすかったです。
by ガルシアP (2010-06-13 14:38) 

DAR

>ガルシアPさん
折角感想を戴いたのに、2ヶ月も放置してしまって申し訳ありませんでした……。

美希と真なので……と考えた結果、この様な話になりましたが、ベタ展開を楽しんで戴けたようで嬉しい限りです。
お互いに距離を縮めたり離れたりする事のできる関係の相手は中々出会えないと思いますので、この二人にはこうなって欲しい……と思ったのがきっかけですね。

入力規則に関しましては、10数年文章同人をやっているので最早癖になっている様なモノです。
by DAR (2010-08-20 04:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。